令和元年度事業計画

 競馬振興に関する事項

(1)主催者並びに関係団体と密接な連携を保ち、笠松競馬の発展に努める。
(2)笠松競馬番組編成に立会い、公正競馬の確保と魅力的な番組編成に協力する。
(3)一般社団法人日本地方競馬馬主振興協会事業に参画し、地方競馬の発展と振興に努める。
(4)西日本地域及び近隣地域の競馬業務懇談会に出席し、共通する課題の改善策について意見交換を行う。
(5)公益目的支出計画の推進に努める。
(6)笠松競馬の発展と馬資源の充実を図るため、抽選馬購入事業(詳しく見る)及び補助馬事業等により2歳馬の導入促進を図る。

補助金、見舞金等に関する事項

(1)死傷馬に対して、死傷馬見舞金規程に基づき見舞金を支給する。 (詳しく見る)
(2)競走馬の伝染性疾病予防接種に係る経費を負担する。
(3)笠松競馬出走馬に対し、競走馬飼料補助金を支給する。
(4)笠松競馬場デビューの2歳馬に出走奨励金を支給する 。(詳しく見る)
(5)頭数制限のため抽選休場と決定された馬に対し、抽休手当を支給する。
(6)2歳時に笠松競馬場でデビューし明け3歳まで在籍した馬に出走手当金を支給する 。(詳しく見る)
(7)優良2歳馬の導入を図るため、馬主会指定のせり市で購入した馬主に補助金を交付する。 (詳しく見る)

 表彰に関する事項

(1)特別5競走の優勝馬主及び調教師、騎手、厩務員に会長賞及び花束を贈呈する。
(2)令和元年笠松競馬皆出走馬に記念品を贈呈する。

その他

(1)令和元年度開催毎の月初日の馬場祀りに出席し、笠松競馬の繁栄と人馬の安全を祈願する。
(2)馬頭観音慰霊祭をオグリキャップ記念競走開催日に施行する。
(3)馬主会のホームページを立ち上げ広報活動の充実を図る。

※上記計画については、取り扱い等変更になる場合がありますので、ご理解の程お願いします。